キュウのデュエルブログ

YouTubeで遊戯王の対戦・解説動画を投稿。ゆるくまったり、時々ガチで。

【遊戯王 環境】拮抗勝負が環境デッキで採用されている理由と値段

こんにちは!キュウです!

今回は現環境で採用されている《拮抗勝負》を紹介したいと思います!

 拮抗勝負とは

f:id:q-ch-craydoll:20180425211109j:plain

自分フィールドにカードが存在しない場合、このカードの発動は手札からもできる。
①相手フィールドのカードの数が自分フィールドのカードより多い場合、自分・相手のバトルフェイズ終了時に発動できる。自分フィールドのカードの数と同じになるように、相手は自身のフィールドのカードを選んで裏側表示で除外しなければならない。

 

自分の場にカードがない時に手札から発動できる罠カードであり、相手のカードを裏側で除外できるという強力な効果をもっている。

 

非常に強力なカードです。強さを詳しく紹介していきます。

 

拮抗勝負の強さとは

拮抗勝負の強さについて解説していきます。

相手のカードを大量に除外できる

 相手のカードを大量に除外することができます。拮抗勝負が表側表示で存在する状態で処理が行われるので、相手のフィールドを1枚まで減らすことも可能です。

 

裏側表示で除外になるので、そのデュエル中は使用できなくなります。相手のキーカードがフィールドにある時に使えたらベストです。逆に相手に使われたらマストカウンターのタイミングとなるでしょう。

 

手札から罠カードを発動できる

手札から罠カードを発動することで《オルターガイスト・マルチフェイカー》の効果の発動条件を満たすことができます。

f:id:q-ch-craydoll:20180425153825j:plain

《拮抗勝負》で相手の場のカードを減らした後に自分の場にモンスターを展開することができます。  

2018年4月現在で環境トップにいる【オルターガイスト】デッキには2〜3枚必須のカードとなっております。

www.q-noduelnolife.com

 

弱点と対策

このカードの弱点と対策を紹介していきます。

弱点

弱点を紹介します。

発動できるタイミングがバトルフェイズ終了時であること

そのターンを耐え抜く必要があります。自分のターンであればモンスターがいなくても、バトルフェイズに入り、そのままエンドステップに入ってこのカードを発動することができます。

自分の場にカードが存在すると手札から発動できない

この制約は少し厳しいですよね。ですが、普通の効果だけでもそこそこ強いので、手札から発動できるおまけ付きだと捉えるしかありません。

対策

対策を紹介します。

盆回し

f:id:q-ch-craydoll:20180419163800j:plain

盆回しで相手のフィールドにカードを送りつけることができれば、手札からの発動を止めることができます。

 

レッド・リブート

f:id:q-ch-craydoll:20180425211322j:plain

リスクは大きいですが《レッド・リブート》で一時的に回避することができます。

ですが、場に残り続けるのとまた発動されるので注意が必要です。

www.q-noduelnolife.com

現在の価格帯は?

《拮抗勝負》の現在の価格帯は1100円前後となっております。【オルターガイスト】が環境トップにいるうちはなかなか価格が落ちないと思います。

 

 最後に

たくさん展開したが、攻撃をそこそこで阻止されて、このカードを打たれた時はたまったもんじゃないですね。

 

相手のフィールドにカードを残しておきましょう。

伏せられてたら意味ないですけど。