キュウのデュエルブログ

YouTubeで遊戯王の対戦・解説動画を投稿。ゆるくまったり、時々ガチで。

制限復帰した《嵐征竜ーテンペスト》の強さと価格・値段【遊戯王 環境】

こんにちは!キュウです!

2018年10月の制限改訂で遂にあの悪魔のテーマ【征竜】の一体である《嵐征竜ーテンペスト》が禁止から制限になることが公式から発表されました。

確かに一体だけなら、それも風属性ドラゴンだけならそんなに暴れないような気はします。

ですが、墓地から簡単攻撃力2400のモンスターが出てくるのは恐ろしいです。

 

詳しく見ていきましょう。

嵐征竜ーテンペストとは

f:id:q-ch-craydoll:20180918101209p:plain

 効果モンスター 星7/風属性/ドラゴン族/攻2400/守2200
自分の手札・墓地からこのカード以外のドラゴン族
または風属性のモンスターを合計2体除外して発動できる。
このカードを手札・墓地から特殊召喚する。
特殊召喚したこのカードは相手のエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
また、このカードと風属性モンスター1体を手札から墓地へ捨てる事で、デッキからドラゴン族モンスター1体を手札に加える。
このカードが除外された場合、デッキからドラゴン族・風属性モンスター1体を手札に加える事ができる。
「嵐征竜-テンペスト」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

手札・墓地から特殊召喚効果、自身含むカードを捨てることでサーチ効果、除外された時にサーチ効果の3つの効果を持っています。

相変わらず無駄が無さ過ぎます。

 

嵐征竜ーテンペストの強さとは

このカードの強さについて紹介します。

手札・墓地から簡単に特殊召喚できる

このカードは手札・墓地の風属性またはドラゴン族モンスターを2対除外することで手札・墓地から特殊召喚できます。

大事なのは風属性またはドラゴン族2体というところです。

風属性モンスター2体でもいいですし、ドラゴン族モンスター2体でも、それぞれ1体ずつでも良いんです。

特殊召喚条件が緩すぎますね・・・。

 

デュエル終盤には墓地にたくさんのモンスターが溜まっていると思うので、打点が2000くらい足りないどうしよう・・となったらこのカードを特殊召喚して殴れば良い訳です。

 

手札から捨てることでドラゴン族モンスターをサーチできる

手札からこのカードと風属性モンスターを捨てることでデッキからドラゴン族モンスターをサーチすることができます。

2枚捨てて1枚サーチなので1枚損していますがドラゴン族モンスターなら何でもサーチできるのは強力です。

《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》をしておけばさらに展開しつづけることができるでしょう。

f:id:q-ch-craydoll:20180918103009p:plain

 

除外された場合にデッキから風属性・ドラゴン族モンスターをサーチ

除外された場合にデッキから風属性・ドラゴン族モンスターをサーチすることができます。

除外された場合にサーチできるってこれも条件が緩すぎますね。

《封印の黄金櫃》で一旦除外、《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》のコストで除外などでもサーチ効果が発動するのは強力です。

f:id:q-ch-craydoll:20180918104735p:plain
f:id:q-ch-craydoll:20180918103009p:plain


サーチ先には風属性・ドラゴン族モンスターが多い【ドラグニティ】が強力です。

f:id:q-ch-craydoll:20180918105103p:plain
f:id:q-ch-craydoll:20180918105121p:plain

 

嵐征竜ーテンペストと相性の良いカード

相性の良いカードを紹介します

 

封印の黄金櫃

f:id:q-ch-craydoll:20180918104735p:plain

通常魔法
①デッキからカード1枚を選んで除外する。
このカードの発動後2回目の自分スタンバイフェイズに、この効果で除外したカードを手札に加える

デッキからカードを1枚除外し、2ターン後のスタンバイフェイズに加えるカード。

 《嵐征竜ーテンペスト》を除外することで《封印の黄金櫃》発動時にデッキから風属性・ドラゴン族モンスターを手札に加えつつ、2ターン後《嵐征竜ーテンペスト》手札に加えることができるという恐ろしいシナジーである。

 

レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン

f:id:q-ch-craydoll:20180918103009p:plain

効果モンスター 星10/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守2400
(1):このカードは自分フィールドの表側表示のドラゴン族モンスター1体を除外し、
手札から特殊召喚できる。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・墓地から「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」以外のドラゴン族モンスター1体を選んで特殊召喚する。

自分フィールドのドラゴン族モンスターを除外して特殊召喚できます。

コストで《嵐征竜ーテンペスト》を除外すればサーチ効果を発動できます。

 

レダメはドラゴン族デッキのキーカードであるので、《嵐征竜ーテンペスト》のドラゴン族モンスターをサーチする効果でデッキからサーチしても良いですね。

 

竜の渓谷

f:id:q-ch-craydoll:20180918132500p:plain

フィールド魔法
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに手札を1枚捨て、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキからレベル4以下の「ドラグニティ」モンスター1体を手札に加える。
●デッキからドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る。 

手札1枚をコストにデッキからドラゴン族モンスターを墓地に送れるカード。

これでとりあえず《嵐征竜ーテンペスト》を送っていくと良いでしょう。

 

また、【ドラグニティ】デッキには必須のフィールド魔法であり、それぞれは《嵐征竜ーテンペスト》と相性が良いですね。

 

《嵐征竜ーテンペスト》の弱点

《嵐征竜ーテンペスト》の弱点を紹介します。

そんなに弱点っぽい弱点は見当たらないので1点だけ紹介します。

制限なので除外すると繰り返して効果を使えない

複数枚このカードを入れることができたときは気軽に除外して同名カードをサーチできたのですが、制限カードになってしまったので除外してサーチ効果を使うとその後再利用するのが難しくなってしまいました。

 

それでも強いから良いのかもしれませんが・・・。

 

《嵐征竜ーテンペスト》の対策

このカードの対策カードを紹介します。

墓穴の指名者

f:id:q-ch-craydoll:20180422181356j:plain

速攻魔法

①相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外する。

次のターンの終了時まで、この効果で除外したモンスター及びそのモンスターと元々のカード名が同じモンスターの効果は無効化される。

全ての手札誘発カードを対策できるカードで、現在ほとんどのデッキに2〜3枚投入されています。 

《嵐征竜ーテンペスト》の発動に対してチェーンで発動することで、効果を無効にできます。

除外時に発動する効果も無効にできるので墓地に落ちた際に発動すると良いでしょう。

 

noduelnolife.hatenablog.com

 

《嵐征竜ーテンペスト》の価格・値段は?

《嵐征竜ーテンペスト》は現在100円前後で取引されています。

もう少ししたら値段が上がりそうですね。

再録もされるような気もします!

 

最後に

f:id:q-ch-craydoll:20180918101209p:plain

悪魔のテーマデッキ【征竜】が返ってきてしまいましたね。

テンペストは風属性ですし、風属性の超強力テーマが今の所そこまでないかと思うので大丈夫という見立てなのでしょうか。

 

どのデッキにもとりあえず【征竜】みたいな時代に逆戻りするのは嫌ですね・・・。