キュウのデュエルブログ

YouTubeで遊戯王の対戦・解説動画を投稿。ゆるくまったり、時々ガチで。

ヴァレルロードドラゴンの弱点・対策とEXデッキに採用されている理由【遊戯王 環境】

こんにちは!キュウ(@Q_ch_craydoll)です!

今回はほとんどのデッキで採用されている《ヴァレルロード・ドラゴン》について紹介していきます。

ヴァレルロードドラゴンとは

f:id:q-ch-craydoll:20180920170333p:plain

リンク・効果モンスター リンク4/闇属性/ドラゴン族/攻3000
【リンクマーカー:左/左下/右下/右】
効果モンスター3体以上
①このカードはモンスターの効果の対象にならない。
②1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
③このカードが相手モンスターに攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。
その相手モンスターをこのカードのリンク先に置いてコントロールを得る。
そのモンスターは次のターンのエンドフェイズに墓地へ送られる

効果の対象にならない効果・相手の攻撃力を下げさらにチェーンされない効果・相手モンスターのコントロールを得る効果の超強力な3つの効果を持っています

 

ヴァレルロードドラゴンの強さとは

《ヴァレルロード・ドラゴン》の強さについて紹介していきます。 

効果の対象にならない

モンスター効果の対象になりません。

この効果により《トロイメア・ケルベロス》などの効果で除去されることがないので非常に場持ちが良いです。

 

ミラーフォース・激流葬を使わせない

相手の《聖なるバリアーミラーフォース》や《激流葬》などの発動タイミングが決まっているカードを使わせなくすることができます。

②に効果の後半の「この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。」をうまく使います。

 

《ヴァレルロード・ドラゴン》のリンク召喚成功時に優先権を使って②の効果を発動することで相手は《激流葬》や《奈落の落とし穴》を使うことができなくなります。

また、攻撃宣言時に②に発動することで《聖なるバリアーミラーフォース》を相手は発動できなくなります。

f:id:q-ch-craydoll:20180920140331p:plain
f:id:q-ch-craydoll:20180927094022p:plain

この効果をうまく使いたいですね。

 

相手モンスターのコントロールを奪える

相手モンスターのコントロールを奪うことができます

そのまま攻撃もできるので攻撃力が高いモンスターを奪って攻撃につなげたいですね。

 

破壊耐性や対象に取られないモンスターを突破できる

最大の強みだと思う部分ですが、コントロールを奪う効果は対象を取りませんので様々な耐性を持ったモンスターを除去できます。

また、次のターンのエンドフェイズに墓地へ送られるという効果なので破壊時に効果が発動するモンスターも無効化できます。

 

「戦闘・効果で破壊されずに対象にならない」というような強力な耐性を持つモンスターが増えている中でそれらを簡単に突破できる子のカードは非常に強力です。

 

リンクマーカーの形が優秀

リンクマーカーの形が右・左・右斜め下・左斜め下と非常に優秀です。

自分で展開を続けるときも役立ちますし、《リビングデットの呼び声》などで墓地から蘇生した際にもリンクマーカー先を2つ残すことができるのは強力です。

 

ヴァレルロードドラゴンと相性の良いカード

《ヴァレルロード・ドラゴン》と相性の良いカードを紹介します。

スケープ・ゴート

f:id:q-ch-craydoll:20180422160640j:plain

速攻魔法
このカードを発動するターン、自分はこのカードの効果以外ではモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚できない。
①自分フィールドに「羊トークン」(獣族・地・星1・攻/守0)4体を守備表示で特殊召喚する。
このトークンはアドバンス召喚のためにはリリースできない。

相手ターン中に発動し、自分のターンに《ミセス・レディエント》、《リンクリボー》2体をリンク召喚して、4体で《ヴァレルロード・ドラゴン》をリンク召喚することができます。

トーチ・ゴーレム

f:id:q-ch-craydoll:20181012133003p:plain

特殊召喚・効果モンスター 星8/闇属性/悪魔族/攻3000/守 300
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドに「トーチトークン」(悪魔族・闇・星1・攻/守0)2体を攻撃表示で特殊召喚する事によって相手フィールドに特殊召喚できる。
このカードを特殊召喚するターン、自分は通常召喚できない。 

このカードでトークン2体を作り、《アカシック・マジシャン》をリンク召喚し、もう一度《トーチ・ゴーレム》を特殊召喚してを繰り返すなかで、トークン2体を《リンクリボー》に変えれば《ヴァレルロード・ドラゴン》をリンク召喚できます。

www.q-noduelnolife.com

水晶機巧ーハリファイバー

f:id:q-ch-craydoll:20180423132153j:plain

リンク・効果モンスター リンク2/水属性/機械族/攻1500
【リンクマーカー:左下/右下】
チューナー1体以上を含むモンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキからレベル3以下のチューナー1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。
②相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。
EXデッキからSモンスターのチューナー1体をS召喚扱いで特殊召喚する。

このカードで《グローアップ・バルブ》か《ジェット・シンクロン》を特殊召喚し、《リンクリボー》をリンク召喚後に蘇生させれば《ヴァレルロード・ドラゴン》をリンク召喚できます。

www.q-noduelnolife.com

彼岸の黒天使 ケルビーニ

f:id:q-ch-craydoll:20180614174748p:plain

リンク・効果モンスター リンク2/闇属性/天使族/攻 500
【リンクマーカー:左下/右下】
レベル3モンスター2体
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①このカードのリンク先のモンスターは効果では破壊されない。
②フィールドのこのカードが戦闘または相手の効果で破壊される場合、代わりに自分フィールドのカード1枚を墓地へ送る事ができる。
③デッキからレベル3モンスター1体を墓地へ送り、フィールドの「彼岸」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力をターン終了時まで、墓地へ送ったモンスターのそれぞれの数値分アップする。

このカードでデッキから《ダンディライオン》を墓地に送り、そのトークン2体を《リンクリボー》に変えれば《ヴァレルロード・ドラゴン》をリンク召喚できます。

 

ヴァレルロードドラゴンの弱点

《ヴァレルロード・ドラゴン》の弱点を紹介します。

魔法・罠に耐性がない

魔法・罠への耐性がありません。

魔法・罠カードからは対象を取られてしまうので簡単に突破されてしまいます。

《ブラックホール》を3枚投入しているデッキも多いので気をつけましょう。

f:id:q-ch-craydoll:20180520102106p:plain

 

ヴァレルロードドラゴンに弱い

《ヴァレルロード・ドラゴン》は《ヴァレルロード・ドラゴン》に弱いです。

簡単にコントロールを奪われてしまいます。

 

先に出した方が不利なので気をつけましょう。

 

ヴァレルロードドラゴンの対策

《ヴァレルロードドラゴン》の対策カードを紹介します。

ヴァレルロードドラゴン

f:id:q-ch-craydoll:20180920170333p:plain

前述した通りです。

後出しした方が有利なのでデッキに1枚入れておくと良いでしょう。

 

ヴァレルロードドラゴンの価格・値段

《ヴァレルロード・ドラゴン》は現在650円前後で取引されています。

最後に

f:id:q-ch-craydoll:20180920170333p:plain

このカードは非常に強力なのでとりあえず1枚持っておきたいカードですね。

 

ぜひヴァレルロードドラゴン対策で1枚採用してください!