キュウのデュエルブログ

YouTubeで遊戯王の対戦・解説動画を投稿。ゆるくまったり、時々ガチで。

ヴァレルロードS(サベージ)ドラゴンが強い2つの理由と弱点・対策【遊戯王 環境】

こんにちは!キュウです!

今回は最新弾の《ヴァレルロード・S・ドラゴン》を紹介したいと思います。

ヴァレルロードSドラゴンとは

f:id:q-ch-craydoll:20181014144216p:plain

シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
自分の墓地からリンクモンスター1体を選び、装備カード扱いとしてこのカードに装備し、そのリンクマーカーの数だけこのカードにヴァレルカウンターを置く。
②このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの攻撃力の半分アップする。
③相手の効果が発動した時、このカードのヴァレルカウンターを1つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にする。

攻撃力をあげる効果と相手の効果を1ターンに1度なんでも無効にできるという強力な効果を持っています。

 

ヴァレルロードSドラゴンの強さとは

《ヴァレルロード・S・ドラゴン》の強さについて紹介します。

相手の効果をなんでも無効にできる

相手のモンスター効果・魔法・罠を無効にすることができます。

どのカードでも無効にできるので相手は1回無効にされるのを前提で動かなければなりません。

その分手札をたくさん消費することになるでしょう。

 

「発動を無効にできる」という効果なのでダメージステップにも発動することができます。

《ヴァレルロード・ドラゴン》のコントロールを得る効果も無効にできます。

 

www.q-noduelnolife.com

 

高火力モンスターになれる

効果で装備しリンクモンスターの攻撃力の半分だけ攻撃力が上がるので、簡単に4000以上の攻撃力を叩き出すことができます。

《ヴァレルロードドラゴン》や《ヴァレルソード・ドラゴン》を装備できれば攻撃力は4500となります。

 

リンク2モンスターは1500前後の攻撃力が多く、それらのモンスターを装備すると3700くらいの攻撃力となってしまいますが、《ヴァレルロード・ドラゴン》の500ポイント攻撃力を下げる効果を受けてもまだ攻撃力で勝てます。

そのラインを維持できるようにしましょう。

 

ヴァレルロードSドラゴンと相性の良いカード

《ヴァレルロード・S・ドラゴン》と相性の良いカードを紹介します。

不知火の隠者

f:id:q-ch-craydoll:20181014152931p:plain

効果モンスター
星4/炎属性/アンデット族/攻 500/守 0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①自分フィールドのアンデット族モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから守備力0のアンデット族チューナー1体を特殊召喚する。
②このカードが除外された場合、「不知火の隠者」以外の除外されている
自分の「不知火」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動時にフィールドに「不知火流 転生の陣」が存在する場合、この効果の対象を2体にできる。

 このカード1枚で《ヴァレルロード・S・ドラゴン》をシンクロ召喚できます。

《不知火の隠者》の効果で自身をリリースして《ユニゾンビ》を特殊召喚。その後《ユニゾンビ》の効果でデッキから《馬頭鬼》を落として自身のレベルを4にする。墓地の《馬頭鬼》を除外して《ユニゾンビ》を蘇生し2体でレベル8シンクロが可能。

f:id:q-ch-craydoll:20181014153054p:plain
f:id:q-ch-craydoll:20181014153107p:plain

そのターンはアンデット族以外攻撃できなくなってしまうので気をつけましょう。

水晶機巧ーハリファイバー

f:id:q-ch-craydoll:20180917155353p:plain

リンク・効果モンスター リンク2/水属性/機械族/攻1500
【リンクマーカー:左下/右下】
チューナー1体以上を含むモンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキからレベル3以下のチューナー1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。
②相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。
EXデッキからSモンスターのチューナー1体をS召喚扱いで特殊召喚する。

リンク召喚時にデッキからレベル3以下のチューナーを特殊召喚できる効果と相手ターンのメインフェイズかバトルフェイズにEXデッキからシンクロモンスターのチューナーを特殊召喚できるという強力な効果を持っています。

 

状況によって《シューティング・ライザードラゴン》、《TGーワンダーマジシャン》、《フォーミュラ・シンクロン》を使い分けましょう。

 

シューティング・ライザー・ドラゴン

f:id:q-ch-craydoll:20180920163531p:plain

シンクロ・チューナー・効果モンスター 星7/光属性/ドラゴン族/攻2100/守1700
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
フィールドのこのカードより低いレベルを持つモンスター1体をデッキから墓地へ送り、そのモンスターのレベル分だけこのカードのレベルを下げる。
このターン、自分は墓地へ送ったそのモンスター及びその同名モンスターのモンスター効果を発動できない。
②相手メインフェイズに発動できる。
このカードを含む自分フィールドのモンスターをS素材としてS召喚する。

おろかな埋葬を搭載しているシンクロモンスターのチューナーです。

シンクロ召喚時に好きなモンスターをデッキから墓地に送れるのは非常に強力です。

 

レベルを自在に変えながら相手ターンにシンクロ召喚できるのは非常に強力です。

レベルを8に合わせれるように落とすモンスターを選びましょう。

 

ヴァレルロードSドラゴンの弱点

《ヴァレルロード・S・ドラゴン》の弱点を紹介します。

墓地にリンクモンスターがいないとダメ

墓地にリンクモンスターがいないと何もすることができません。

1ターン目とかに出すには少し多めに手札を使う必要があります。

 

またシンクロ召喚成功時にしか発動できないので《リビングデッドの呼び声》などで再利用できないのも弱点の1つです。

 

無効にするだけで破壊はできない

効果を無効にすることはできますが破壊することはできません。

ですのでモンスター自体が残りリンク召喚に繋げれることがあります。

 

どの効果を止めるのが重要なのかを無極めて効果を使いましょう。

 

ヴァレルロードSドラゴンの対策

《ヴァレルロード・S・ドラゴン》を対策できるカードを紹介します。

壊獣

f:id:q-ch-craydoll:20181014154105p:plain

効果モンスター 星8/水属性/水族/攻2200/守3000
①このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。
②相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
③「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
④相手が「海亀壊獣ガメシエル」以外の魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを2つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にし除外する。

壊獣の共通効果である①の「このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。」で《ヴァレルロード・S・ドラゴン》を墓地に送ることができます。

 

また《妨げられた壊獣の眠り》はフィールドの全てのモンスターを破壊できる効果を持っています。

これで《ヴァレルロード・S・ドラゴン》の無効化する効果を使わせることもできます。

 

ヴァレルロードSドラゴンの価格・値段は?

《ヴァレルロード・S・ドラゴン》は現在900円前後で取引されています。

発売されたばかりなのでもう少し変動しそうですね。

 

  

最後に

f:id:q-ch-craydoll:20181014144216p:plain

最近高火力なカードが増えてますね。

殴り合いが好きな僕はすごく嬉しいです。

 

高火力×パーミッションで全てを封じましょう